男性薬剤師求人ランキング

男性薬剤師は転職に不利になるか?

薬剤師の転職事情は他の職種に比べると恵まれているとはいえ、効率的な転職活動をしないと自分の希望にマッチした職場を見つけるのは難しいことがあります。

そのため、豊富な求人情報と質の高いサービスを提供してくれる転職サイトを活用することをおすすめします。リクナビ薬剤師など男性薬剤師の転職成功実績も豊富です。その他おすすめの転職サイトランキングは以下の通りです。

男性の薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクナビは大手の転職サイトであるため、豊富な求人情報が常にあるのが特徴です。また、とてもサービスの質が安定していて、細かなところまで配慮が行き届いているというのもメリットです。総合力が高く、日本全国まんべんなくいろいろなタイプの薬剤師求人を持っていますので、転職先の選択肢をたくさん持てることになります。大手企業からの求人の数も他のサイトよりも多いので、良い条件でのキャリアアップを狙う人にもぴったりです。

ファルマスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
薬剤師関連の求人に特化した転職サイトですので、層の厚い求人情報が得られるというメリットがあります。たとえば、同じ病院勤務の求人であっても、それぞれのスキルや経験に応じた職場が見つけやすいという利点があります。また、未経験であっても歓迎という企業の情報を多く持っていますので、今までとは違う新たな分野にチャレンジしたいという人にも向いています。

薬キャリ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
転職サイトの中では比較的新しいサイトですが、サービスの内容も求人情報も充実しています。マッチング機能に優れていて、自分の希望する勤務地や年収などの条件にぴったりと合う職場をピンポイントで見つけてくれます。効率よく転職先を見つけられますし、転職までの時間を短くすることができますので、すぐにでも転職を果たしたいという人にうれしいサイトです。

マイナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
転職サイト大手の薬剤師版です。非公開求人の量、質ともに秀でていて、一般では見つからないような求人がすぐに見つけられるのが強みです。専任コンサルタントのサポートも頼もしく、細かな点まで助けてくれるのが人気です。納得いくまで一緒に探してくれますので、薬剤師のスキルを最大限生かせるような転職先を見つけるのに役立ちます。

薬剤師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
薬剤師求人に特化しているだけあって、使いやすいサイトです。未経験でも可、アルバイト、残業少なめ、などの細かな条件で検索できて、すぐに自分の希望に合ったところを探し出せます。履歴書に何を書いたらいいのか、どのように薬剤師の転職を成功させることができるかというノウハウも提供していて、とても実用的なのがうれしいところです。

男性薬剤師の求人は多い?

昔は男性薬剤師の方が多かったのですが、その男女比の差が少しずつ小さくなって、昭和49年には逆転して今の男女比は4:6となっています。このように女性の多い職種へと変化しているのですが、最近は男性薬剤師の求人が増加傾向にあって、特に緩和ケア病棟やホスピスの病院は多いです。

こうした傾向がみられる理由は、一概には言えませんが男性の方が途中リタイアがなくて、長く勤務してほしいというニーズに適しているからと考えられます。また時間通りに終わらないことが多く、その結果残業が多くなる傾向が強いという点においても、男性薬剤師が良いというところも少なくないのです。このようなニーズが見られるのは、普通の病院でなくホスピスという特殊な環境にある点も関係していて、実際の業務内容が多少体力勝負のところがあるからです。

その他の男性薬剤師の求人はどうかというと、基本的に大型病院での求人は新卒となっているので中途求人はあまり見られません。昔は男性薬剤師の就職先と言えば製薬企業のMRだったのですが、現在では新卒・中途求人共に少なくなっている傾向です。その理由は、MR認定試験により薬剤師でなくてもよくなったことや、営業職という観点から知識よりコミュニケーション能力が望まれるからです。その一方でCROでの男性薬剤師の需要は高まっていて、MR経験や病院経験がある転職希望の薬剤師が優遇されているので、今後の求人動向に注目したいところです。

調剤薬局の求人募集ですが、医薬分業率の上昇による門前調剤薬局の開局が増加して、薬剤師の数が不足していることから男性・女性に関係なく求人募集は多いです。比較的求人募集が多かったドラッグストアですが、登録販売者制度施行で薬剤師の需要が緩和されてきたので、その影響から薬剤師の求人募集も少なくなってきています。

それでは地域別にみた男性薬剤師の求人はどうかというと、東京・大阪・名古屋など主要都市における男性薬剤師の求人は、調剤薬局やドラッグストアを中心に多いです。しかし、交通アクセスに恵まれているところや、採用条件や待遇が良いと言われるところの求人は、それほど多くないことは理解しておく必要があります。一方地方の男性薬剤師の求人はというと、地域や周辺に薬学部や薬科大学がないところでは薬剤師が不足傾向にありますし、分業率が高い地域も薬剤師の不足が継続しているのです。このように都市部では充足している地域が少なくないけど、全国的にはまだ不足傾向にあるので、様々な職場で薬剤師の求人情報はあると言えます。

男性薬剤師に多い転職理由は?

一般企業に勤務するサラリーマンと比較して薬剤師は転職する人が多い職種といえますが、どのような理由で転職を決断するのでしょう。女性薬剤師なら結婚・出産・育児といったことをひとつのきっかけに、退職・転職を決断するという方も少なくないです。では男性薬剤師の場合にはどのような転職理由があるのかというと、年収アップ・人間関係・労働環境といった3つが理由としてあります。

どのような職場で薬剤師として勤務していたとしても、誰もが働く以上は年収をアップしたいと考えるもので、その為年収アップは転職理由として常に上位にあります。特に病院勤務の薬剤師は他の職場と比べて年収が少ないために、家族を養わないといけないなど、今後のことを考えて転職するケースも少なくないのです。その為、病院から調剤薬局・ドラッグストアに転職する男性薬剤師も多いですし、少しでも年収をアップするために、現在勤務している薬局から他の薬局に転職するケースもあります。ただ、このように年収アップを目的に転職する際に注意すべきことは、年収アップを漠然と求めるのではなくて、しっかりとした理由をもつことが重要です。明確な理由があれば転職すべき薬局の形態がはっきりしてきて、それを考慮して年収アップを実現するための転職活動をすることが転職成功の秘訣になります。

薬剤師の職場は、薬局など狭い世界での仕事になることから、そうした中で人間関係が悪くなると職場環境自体も悪化して転職を考えてしまうのです。人間関係の悪化には縦の関係と横の関係の2つがあって、その中でも上司や先輩との縦関係が悪くなることが転職理由になることは多いと言えます。一方、他の薬剤師や事務員との関係が悪かったり、同僚からのイジメを受けたりする横の関係の悪化が原因で転職を考えることもありますし、病院なら看護師との関係も転職を検討する理由になるのです。

職場環境は人間関係だけでなく労働環境が転職理由になることもあって、人員不足で忙しすぎたり夜遅くまで働かなければならなかったりと労働条件が悪いと考えてしまいます。働き始めた頃は労働環境も良かったのに、仕事の量が急に増えるなど事態が一変してしまうことも珍しいことではなくて、一気に労働環境が悪化することもあるのです。このように人間関係や労働環境が理由で転職する際には、漠然と職場環境の良い職場へ行きたいと考えるのではなくて、具体的な基準を設けて転職先を探すことが重要です。


Copyright (C) 2018 男性薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.