男性薬剤師の採用基準

男性薬剤師転職TOP >> 男性薬剤師の転職の基礎 >> 男性薬剤師の採用基準

男性薬剤師の採用基準

転職を希望する男性薬剤師にも様々な人がいるので「この人はちょっと」と求人側に思われてしまうような人材では不採用になることも理解できます。しかし、今まで何の問題もなく採用されるような人材であっても、最近では面接の時点で不合格になってしまうケースが少しずつ増えてきているのです。人材不足で比較的転職をしやすいと言われている職種なのになぜなのかと不思議に感じますが、実は採用に慎重になるところが増えているという背景があります。その要因となっているのが診療報酬や調剤報酬の改定などによる経営環境の悪化で、将来の見通しが厳しいためコストを重視するようになっているのです。

このような厳しい状況の中で転職を成功させるためには、履歴書や職務経歴書で求められている条件を満たしていることが大切になります。また、せっかく書類審査を通過して面接まで漕ぎ着けたとしても、面接で不採用になってしまっては意味がないので、面接が非常に重要なポイントになるのです。ただ、いくら面接で知識やスキル、実績や経験、人間的に優れている点などをアピールできても、面接担当者に「この人」と思ってもらえなければ採用に至らないと判断されます。

実は、この人材が必要と思ってもらえる男性薬剤師の採用基準に高度なコミュニケーション能力を求めるという変化が見られています。こうした採用基準の変化の背景には、かかりつけ薬剤師に求められる機能を果たす必要が強くなっていて、さらに高度なということが求められています。つまり、今までの会話ができる、笑顔があるといった程度のコミュニケーションではなくて、ボーダーラインがかなり上がっているのです。では、面接評価の視点から採用基準がどのように変化しているのかというと、会話のキャッチボールが上手い、話が分かりやすい、笑顔が素敵、いろいろと気が利くなどとなります。時間の限られている面接で判断できるのはこの程度でしょうが、この程度のことでも満たしていないと採用されないリスクが高まるということです。

こうした採用基準で判断されてしまうことは、男性薬剤師にとっては不利になるとも考えられますが、世の中の多くの人が努力して手に入れているスキルと理解することも大切です。対人業務をする人は誰でも笑顔の練習をしているものですし、上手な会話法や分かりやすい話し方についても、自己研鑽により手に入れている人が多いスキルと言えます。患者がかかりつけ薬剤師として選ぶ基準はコミュニケーションが最重要で、それが男性薬剤師の採用基準にもなることを理解しておくことが大事です。

男性の薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 男性薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.