男性薬剤師の年収相場

男性薬剤師転職TOP >> 男性薬剤師の転職の基礎 >> 男性薬剤師の年収相場

男性薬剤師の年収相場

職種によって男性薬剤師の年収は大きく違うもので、その為に給与や年収が低いことを不満に感じてしまう男性薬剤師も少なくありません。ちなみに薬剤師の平均年収は約531万円で、男性薬剤師は約590万円、女性薬剤師は約494万円ですら、一般のサラリーマンと比較して高年収と言えるのです。しかし医療従事者の中で見た場合には、医師・歯科医師・獣医師に続く4番目で、医療系資格職の年収として考えると安いと不満を感じる男性薬剤師が多くいます。

先に職種で男性薬剤師の年収は大きく違うと言いましたが、職種別の年収相場は具体的にどの程度の違いがあるのかというと、まずは調剤薬局なら約400万円〜600万円が年収相場です。しかし、一口に調剤薬局と言っても地域や規模で年収が大きく異なるもので、大手チェーンの薬局よりも中小薬局や個人薬局の方が年収が高いところが多いと言えます。また、薬剤師不足がある地方では平均年収で約600万円程度で、経験により約800万円の年収も可能ですし、地域によっては約800〜900万円の年収で家・車付きという待遇の求人もあるのです。ドラッグストアの年収相場の目安は約400万〜700万円程度で、大手企業や都心店舗の方が中小企業や地方の店舗と比較して年収が高い傾向にあります。また、大手企業なら年収だけでなく福利厚生などが充実しているところも多くて、年収+αの高待遇といったメリットがあるのです。

病院の薬剤師の年収相場は約400万円〜650万円程度が目安になりますが、夜勤がある病院なら手当てが支給されるので少しは収入アップも可能となります。他の職種と比較して低い年収になるケースが多いのですが、病院勤務の薬剤師の多くは病院ならではのやりがいや、病院でしかできない経験によるスキルアップを求めているのです。薬剤師の職種の中で最も高い年収と言えるのが製薬会社のMRで、大手なら約600〜800万円程度が年収相場で、成果次第では約1000万円の大台を超える年収も得られます。また、製薬会社は福利厚生面も充実しているので、年収だけでなく条件面でも恵まれている職種と言えますが、営業職なので苦手な人も少なくないです。

では薬剤師が年収を上げるためにはどうすれば良いのかというと、その方法は転職で別の職場に転職するだけでも年収をアップさせることは可能と言えます。その理由は、薬剤師の転職においては、前職の給料を考慮してくれるといった有利な条件がたくさんあるからです。

男性の薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 男性薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.