男性薬剤師の離職率

男性薬剤師転職TOP >> 男性薬剤師の転職の基礎 >> 男性薬剤師の離職率

男性薬剤師の離職率

薬剤師の離職率は他の職種と比較して決して低いとは言えませんが、その理由のひとつは男女比が4:6で女性が多いということがあります。女性薬剤師の場合には、どうしても結婚・出産・育児などといったライフスタイルの変化に伴って職場を離れることも少なくないです。一方男性薬剤師の場合には、昇給のスピードが遅く将来が不安とか、職場の人間関係に疲れてしまったなどの理由で離職します。家族の扶養など将来性を考えると男性薬剤師にとっては、給料が安い職場はそのまま職場の不満となって退職する方もいるのです。

ただ薬剤師の離職率が高いのはこうした理由ばかりではないようで、1年未満で辞めてしまう人も多くて約9%前後いるといわれています。また、2年以内では約10%程度、3年以内は約13%程度が離職していて、全体的にみて3年以内に約3割程度の人が離職していることになるのです。離職率の男女比までは分かりませんが、いずれにしても薬剤師の離職率が高いことだけは理解できます。

では、どのような職場であることが離職率を高くしているのかというと、 勤務時間・休日などに問題がある職場です。具体的には、土・日・祝日でも関係なく勤務する必要がある、シフト制で勤務時間が夜遅くまで及ぶ、人手不足で休みを取得できないなどがあります。人間関係に問題ある職場も離職率を高くする理由で、仕事内容や量に関して不公平感がある、上司のパワハラがあるなどです。男性薬剤師にとっては、昇給率が低いために将来に不安がある、残業が多いのに残業代が支給されないといった収入に問題があることも離職率につながります。またキャリアアップやスキルアップが望めないことも理由として考えられることで、男性薬剤師には大きな理由になる可能性があるのです。

しかし、離職率が高くて人が不足している薬剤師なら、逆に考えると転職するチャンスが多くあって、転職することにより昇給や出世のチャンスが開かれるとも考えられます。また仕事量が多く忙しいということは、それだけ様々な経験を積むことができますし、知識を得ることにもつながると考えることも可能です。男性薬剤師として働く際の意識を変えることでモチベーションも変わりますし、様々なことをプラスに変えていけることにもなります。いくら薬剤師は離職率が高い職種であっても長く勤務できる職場はあるもので、それを見つけるためには職場に関する情報を転職前にできるだけ多く集めることです。

男性の薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 男性薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.