高収入の男性薬剤師の求人

男性薬剤師転職TOP >> 条件別の男性薬剤師の求人 >> 高収入

高収入の男性薬剤師の求人

薬剤師の平均年収は約540万円程度と言われていて、これは性別・年齢・地域・職場などに関係なく全体の平均年収のデータです。では勤務先の種類による平均年収はどの程度違うのかというと、調剤薬局は約400〜600万円程度で、ドラッグストアは約450〜700万円程度と言われています。また病院やクリニックは約400〜650万円程度で、製薬会社が約400〜800万円程度という結果で、勤務先により高年収を得ることは可能です。

職場規模でも違いがあって、従業員10〜99人程度の中小規模なら男性は約690万円程度で、女性約527万円程度と言われています。そして従業員1000人以上の大規模では、男性が約534万円程度で、女性は約481万円程度というデータがあるのです。女性の方が比率的に多い薬剤師ですが、男性は約580万円程度で女性は約500万円程度と、平均年収においては男性薬剤師の方が上回っています。このように、男性・女性という点を含めて様々な要因により収入に差があるので、高収入の男性薬剤師の求人を探すことは可能です。

高収入の男性薬剤師の求人を探すのなら、男性という点はクリアしているので、従業員10〜99人程度の中小規模の製薬会社が狙い目と考えられます。また新薬の治験をメーカーが行なうことは一般的にないことで、CROというメーカーの治験を代行する会社に依頼するので、CRO会社も狙い目です。製薬会社なら製品の情報を医師や看護師に伝えるなど、営業をサポートする業務を担当するMR職の求人があります。ただMR職だからと言って最初から高収入を提示しているわけではなくて、会社が求める業績を上げれば高収入が可能になると理解しておくことが大事です。CRO会社の薬剤師は、CRA職と呼ばれて治験計画の作成や準備を行いますし、さらにモニタリングや報告書作成など全てを行ないます。一般的なCRA職の平均年収は約600〜750万円程度と言われていて高収入ですし、経験と実績を積むことによりさらに高収入が期待できるのです。

ただ、こうした高収入の男性薬剤師の求人情報は、調剤薬局やドラッグストアの求人と違って情報数はとても少ないです。また求人側としては、募集すると応募者が殺到してしまうので処理が大変とか、採用予定者が少ないのにコストを掛けて求人募集するのは無駄という考えをします。その為、一般的な求人サイトで募集することは稀で、非公開求人という方法で効率的に良い人材が確保することが多いのです。高収入の男性薬剤師の求人を探すのなら、この点をしっかりと理解しておく必要があります。

男性の薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 男性薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.